トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の3件の記事

2006年2月 4日 (土)

ハッピーフライト

こういう元気をくれる映画こそ見たかいがあるわ~
バルトローがまさにバービーちゃんのようだわ。
くさくさ悩んでる役や時代物よりすっごくはまり役。
あのいけてない感じが
最高!

グイネスのコメディセンスがぴか一のはまり役。
はっきりいってアカデミーとった、あの作品より光ってる。
サクセス物でカラッと仕上げている脚本が上出来。
お決まりだけど女が恋を実らせるには、何でああして女が仕事をあきらめなきゃいけないのかね~
まあ最後は体よく上手くまとめたけれどさ。

どうせ気分よく、笑わせて、ほろりとさせてくれる、女性応援映画なら、
最後も気持ちよく、何もかもサクセスさせて終わって~

最後がいかん。最後が。

We are Roialty~♪モジッた歌と踊りが最高♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kissingジェシカ

2005年に見た中で最高のお気に入り。私のベスト1。2人の気をつかいあう感じが見ていて本当に羨ましい。あんなふうに惹かれあえる相手がいたらしあわせ。ポッと心が温かく、元気になれる作品。ヘザー・ジャーゼンセン最高!すごい魅力ある人だよ~惜しくもNY舞台のみでの活躍で、彼女のHPにもあまり情報がない(><)。唯一他の作品だっていう「ホーンテッド・マンション」を彼女を見るためだけに借りて観た。出ているっていえるの?ってほどのあっけない数分だけ出演。しかもなんか顔が太っていた。ファンはがっくりだぁね~NYまでなんてそうそう行けないし、へザー、カムバックスクリーン!でもってスリムでいてね。

kissingジェシカ:HP公式サイト ←ユダヤについても勉強できるNeather2

へザー&ジェニファーインタビュー
←ヘザーにメロメロ(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歓びを歌にのせて

さて、2006年初めの鑑賞はこれ。もうちょっと感動劇的にまとまるのかとおもいきや、劇的には違わないけど、あ~ため息でる悲劇。そうくるか~、もっと幸せに終ってほしかったなあ~でもって、えっこれでtheEND?!ん~尻切れトンボ感が残るよん。も~レナちゃんがまたしてもかわいそう。まあね、子供の時に受けた事は、大人になってもそれを癒すには時間がかかるってことだね。主人公の思い出が重い。それにあ~働きすぎです。体を壊すまで仕事はしてはいかんってまさに彼が教えてくれてるね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »