« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の2件の記事

2007年7月19日 (木)

だからってどうよ?

ダンボール肉まんの終末は・・・

「あるある」のような、=捏造事件だった=ってわけのようですが、

もう何をやらかしても驚かない中国ってイメージですので、

まあ、そんなネタを考え付く記者も「あ~あ」って感じで、
中国政府が、イメージダウンにつながらないように、報道規制をかけたのでは?という疑いは、どうも低いようですが、
疑いをかけられるっていうのも、中国政府も信用できない結果の現れですし、
ニュースのインタビューで、中国人女性が、

「だからってダンボール肉まんはやっぱり売られていたんだわっ」と言い放っていたので、

そうそう、根っから信じられなくって当然よ~ぉ、

って感じでした。

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

中国の食品は一切食べない

台風4号で、おとなしく家で過ごしております。

ミートホープもろくでもないけれど
ダンボール肉まんはなんと10年前から売られていた、というから驚きです。

なんだって今までそんな肉まんが、だれも見抜けなかったのでしょうか?
しかも調理器具には犬の糞がついていた、という。
そして豚肉は病死した豚の肉というから、

恐ろしくて、もう中国になんか行く気が起きないし

第一、信用できません。

【中国】ダンボール入り「恐怖の肉まん」、10年前から販売

次から次へと、あれもこれも芋づる式に恐ろしい話が出てくるではありませんか!

うなぎの蒲焼から歯磨き粉にいたるまで。

中国人にもいい人はいるでしょうけれど、

これだけ事が事だけに、私の中国人に対するイメージは、

 最 悪  です。

今までも ほうれん草の残留農薬にしたって、散々問題にされてきたではありませんか。

昨日、母が梅干を買ってきたけれど、裏を見たら「中国産」と書いてあったので、

せっかくだろうけれど、捨てて!食べちゃだめ!と、いっておきました。

だいたい、これだけ危ない危ないといわれてるのだから、
もう少し、食の安全に対して、シビアになってもらいたいのよ、お母様。

「安心・安全」が売りのCOOPでさえ、ミートホープ食品を売っていたのだから、

せめて消費者は商品の原料・添加物・消費期限・販売元くらいは自分の目で確かめるべきです。

表示してあるものでさえ、今は信用できないのが悲しいですが。

そういえばサッカーのチケットが、中国の旅行会社で手配して、被害にあった事件もありましたよね~

中国のダイエットサプリを飲んで死亡した女性が何人も出た、
ということもありましたよね~
あの時は、ひどいぼったくりで買った漢方薬を親に飲んじゃだめ!といって、全部処分しましたよ。

そうした数々の悪い事件が過去にあり、
その延長上に起きた、肉まん事件であるから、

びっくり!というより

お話にならない、という感じですよ。

外食も危険だな。

表示がない分、何も信用できんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »