« エリザベスゴールデン・エイジ | トップページ | グーグーだって猫である »

2008年10月 2日 (木)

シルク

美しいチラシが目に飛び込んで、おっ!これは陶酔できちゃうかな?!と期待感をあおられたが、なになに、あらすじ読んでみると、しょぼそーなストーリーだな~だめだこりゃ、とさっさとスクリーン鑑賞から却下。

DVDになり、旧作料金になったところでレンタル。

んーんー、やはり・・・途中、ぐんにゃりしそうになりつつ、がんばって観た。
最後の落ちってのは、まあ、そうまとめたかーとひと練りあるものの、なんだかな~だから何なのさぁあああ

え?あんな大変な旅をしてまで一目逢いたいほどの女ですかね?異国の地、最果ての地、ジャパンとは・・・外人さんにはミステリアスってかんじなんだろうけど、あんな山奥で妖艶すぎる女の人にあったら逆に不気味なんですけど。だからいいのか?
異文化にふれる不思議さを表現したいのかもしれないんですけどぉ、いきなり部屋に入ってくるなり、黙りこくってお茶をたて、どうぞも言わないで茶碗をつきだされて、外人さんはさぞかし、日本の作法を不気味に感じるでしょうが、私も不気味です。だからいいのか?

中谷がマダム?見る前から?(疑問)だったけど、もう全然ミス・キャスト。おかしすぎ。
脚本もキャスティングもだめだめです。
唯一、良かったのはアルフレッド・モリーナだけです。

キーラ、綺麗ですけどね~脱がなくても良いです。
キーラは「プライドと偏見」あたりがベストなんじゃないでしょうかね。「つぐない」もこれ(シルク)よりかはいくらかセクシー度は高いですけど、あれ(つぐない)も結末はなんだかな~って話だったっけ。
この監督はぺらい女優好みなんでしょうか。
でてくる人、みーんなぺらいよ。
もう、全然だめ。

|

« エリザベスゴールデン・エイジ | トップページ | グーグーだって猫である »

作品(さ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリザベスゴールデン・エイジ | トップページ | グーグーだって猫である »