2008年2月27日 (水)

エリザベスゴールデン・エイジ

Meli_3   ケイト・ブランシェットは今年のアカデミーで主演、助演ともにはずしてしまいました。彼女の実力と実績からすれば、え~なんで?といいたくもなるのですが、やはりコティニャールのあの全編本人がこなしたとは思えないほどのエディット・ピアフの体当たり演技は、たしかにたしかにと納得することしかり。
まあ、ケイト、残念だったけど、私はあなた見たさに映画館にまで足を運んだわ~!

でもって、映画の感想は!っていうと・・・。
ずばり、、、、おもしろくなかった。

前作の「エリザベス」も映画館で見たけれど、ずいぶん昔で、内容なんて覚えてないってのがマイナスね。でも、これはこれで前作見てなくても歴史好きなら充分、ご理解いただける内容だと思いました。

で、何が良くなかったって、ドラマのテンポが悪い。彼女が女性として、王位に就き、男たちの中で紅一点、足をすくわれないように毅然とする姿を見せる蔭でひとり悩み、苦悩するのは良く伝わってきました。でもでも、それ以外の彼女を取り巻く話の流れってのが説明不足過ぎて、メアリー・スチュアートが陰謀を企てる当たりの経緯なんかも、お勉強してないとちんぷんかんぷんです。メアリーがどこに居て、どこに行かされて、え?あっというまに首ちょんぱだわよ。メアリーが猛烈に怒るシーンも状況説明がほとんどない上での展開で、ちっとも彼女に肩入れできない。へたくそだなーって感じ。
最後のスペインとの決戦は、おかたづけ仕事のようにまとめてちゃんちゃん、めでたしめでたし、となり、あぜん。ここらになると観るほうも疲れてくるから、もうこんな展開なら終わってくれればいいけど、って気分で集中力切れた。

ケイトがいなけりゃ見ごたえはない作品。
酷評すると「良かった」という人には反論をもたれるでしょうが、あくまでも感じ方は人それぞれです。

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

赤いアモーレ

Ma2 いや~身勝手な男のご都合ロマンあふれるドラマチック悲哀もの。

こんなイタリア男につかまってしまったペネロペがかわいそすぎですが、ペネロペの体当たり演技に脱帽です。
この作品でペネロペは絶賛されていましたが、「ノエル」に続いて、私の中でもペネロペが一回り成長した女優になった気がしております。「コレリ~」や「美しい馬~」(←脚本がひどい駄作)などお人形さんで良しとされていた頃より、格段に深みのある女優になってきました。

このひどい結末は「アマロ神父の罪」と共通していますね。どっちもヒドイですけど、罪のひどさはアマロが勝ち。

こういう落ちのもって行き方は男性にとっては美しくも悲しい思い出として胸を打つのかもしれないですが、女にとっては後味の悪い話ですね。まったく。
こんなんじゃ、あの世に行っても浮かばれんっ!!

死んでしまってからもイタ男を助けてあげた無言のペネロペに代わってこう叫んでみた、konbuです。

この作品、一人、家の居間で鑑賞してたんですけど、きわどいシーンで途中、父が入ってきてドギマギしちゃいましたよ。幸い、無言でサッサと隣の部屋へ行ってくれましたが(^^;)

この手のR指定作品は夫婦で見たり、間違っても親子で見てはいけません。映画に集中できなくなります。
オープンな方は別ですが。

後味が悪いわりには、なぜか引き込まれてしまう、という憎い作品。

| | コメント (0)